きみを見ていた

Disc/Tr.
Tr. 3
Mixed by
サノカモメ
Genre
Pops
名義-曲名フル
きみを見ていた
名義-曲名kamome省略
きみを見ていた
Artist
Limonène
Vocalist
月島春果
Composed by
さのかもめ
Lyrics by
さのかもめ
Arranged by
サノカモメ
Release Date
2019/04/28
Release Type
Self Produce
備考
 

 

歌詞 Lyrics

!lyrics-songTitle!
きみを見ていた
!lyrics-start!
君が居たあの日から ぼくの空は…
 
誰もいないバス停 君が来るのを待ってた
木漏れ日の透明なにおいがした
心地の良いスピードで通り過ぎた自転車と
曇り空 夜に溶けるようにそっと遠ざかって行く
 
まだ知らない風景 駆け上がった坂道
できるだけ日差しを避けて進もう
君の少し後ろで風の吹く方を見てた
俯いた横顔を覗けなくて
 
止まった言葉を追い抜いてく影
伝えたいことたくさんあるのに
 
夏の音追いかけた
君の姿さがしてた
掲げた手の先で揺れる光が溶け出しそうで
後ろから呼び止めた君の声はまだ刺さったままで
このままずっと居られたらいいな
 
揺らいだ光を掻き消してく雨
なくさないでね 消えてしまうから
 
君のこと考えた 同じ季節見つめてた
重ねた手の向こう側の言葉が見つからなくて
後ろから呼び止めた君の声はまだ刺さったままで
このままずっと居られたらいいな
 
あの日世界の隅で赤くきらめいた線香花火
あの光はまだここで夜風に揺れてる
 
夏の音追いかけた
君の姿さがしてた
掲げた手の先で揺れる光が溶け出しそうで
君が居たあの日から ぼくの空はただ光ったままで
どこかでそっとまた会えたらいいな
!lyrics-end!
 

 

Vocal

月島春果 !twitter!

Produce, Guitar, Bass, Programming

サノカモメ !twitter! !youtube! !website!
 

 

購入 Buy CD

!lightText!
"文庫本風"特殊歌詞カード付き

通常版

BOOTH
!international shipping available!
 
 

関連ページ