secret

機密指定: creator mode

とある音楽作家のデータベース内に軽微な情報ノイズが確認された。
 
"作家の分身"たる作品の情報がひとつの媒体に!ruby:archive!記録!ruby!されたことである種のネットワークが形成され、!ruby:creator!創造主!ruby!の意識が擬似的に再現されたと考えられる。 それにより、作品間の隠された関係性制作時の思考内容などが暗号化された状態でデータベース上に拡散されているとみられる。
 
解読用のコードは未だ発見されていないものの、特定のための手掛かりもまた"意識"の一部として拡散されている。 機密性の高い情報ほど高度な暗号化がされており、現在レベル1から3までの3段階が確認されている。 言い換えれば、レベル3のコードを入手することですべての情報が閲覧可能となる、ということである。
 
調査のため、"分身"から発見されないような形でこのページを設置した。 下記リンクから再アクセスすると、各ページのノイズ暗号化レベルが可視化されるようになる。 コード入力のためのインターフェースも表示されるようにしたので、コードを発見したら解読できるか試してみてほしい。